整備の神様

L:整備の神様 = {
 t:名称 = 整備の神様(職業)
 t:要点 = 帽子,部下,ツナギ,手袋
 t:周辺環境 = クレーン
 t:評価 = 体格0,筋力-1,耐久力0,外見0,敏捷-1,器用4,感覚1,知識4,幸運-1
 t:特殊 = {
  *整備の神様の職業カテゴリ = ,,,派生職業アイドレス。
  *整備の神様の位置づけ = ,,,整備系。
  *整備の神様の整備行為補正 = 整備行為,歩兵,任意発動,整備、評価+4、燃料-1万t。#整備評価:可能:((器用+知識)÷2)
  *整備の神様の修復能力 = ,歩兵,任意発動,なし。破壊されたすべての乗り物を整備判定の成功で修復できる。通常の整備から難易評価+4すること。
  *整備の神様のチューニング行為 = チューニング行為,歩兵,条件発動,なし。(戦闘準備フェイズに使用することで)任意の一機の乗り物に<整備の神様のチューニング>を付与する。
  *整備の神様の幸運付与能力 = ,歩兵,,整備した全ての機体に<整備の神様の整備>を付与する。
 }
 t:→次のアイドレス = マッドサイエンティスト(職業),妖精の父親(職業),村田彩華(ACE)

 

#ジェントルラット 整備の神様 より再利用
#ジェントルラット 整備の神様 より再利用

帝國と共和国。

二つの国に跨る技術体系を誇った旧ジェントルラット藩国の整備士の中には神様としか呼びようのない技術の持ち主がいる。
かつて帝國にありて共和国へ亡命し、そして今再び形は合併というものであるが帝國へ帰還するというこの特異な経歴のために、彼ら彼女らに扱える整備対象は様々である。これをして整備技術に関して絶対の自信を持つのは頷けるものであろう。

それぞれの機体の長所と短所を知り尽くし、それに合わせて整備を行う技術力と応用力。
そしてその技術基盤を背景に若い後進の整備士達に対して行う指導力と育成力。

それらを兼ね備えた者だけが整備の神様と呼ばれることができるのである。
故に彼らは部下や整備に携わる人間からだけではなく現場のパイロットからも、場合によってはどんな強力な権力を持つ人間よりもはるかに高い支持を受ける。
それは彼らの整備を間近で見、そしてそれを扱う者達はその有り難さを実感として知っているからだ。

だが当人からすれば極当たり前のことを当たり前のようにこなしているだけだという。当たり前を当たり前にできる、このことこそが彼らを整備の神様たらしめているのだろう。
ただどんなに様々な機械を送り出していても、華々しくその名があがることはない。
整備という仕事は裏方であり、それ以上ではないからだ。
それでも今日も彼らは整備をし続ける。
少しでも万全な体制で送り出してやることこそが責務だと知っているのだから。

/*/

巨大な【クレーン】により釣り下がるI=Dが林立する整備工場。
ここには守護神がいるという。
この界隈では知らぬ者は居ないといわれる整備の神様。その名を『タカギ』という。
【ツナギ】姿に【手袋】を嵌め、トレードマークのブルーの【キャップ】を被ったその姿は一見すればただの整備工場の爺である。

「馬鹿やろう、お前はパイロットを殺したいのか!」

今日もタカギさんの怒声が響く。老境に入っている彼は小柄な身体から目一杯声を張り上げ【部下】を叱る。

「五感を研ぎ澄ませろ。こいつが何を求めているか、そして乗り手が何を求めているか。それを汲み取るんだ」
タカギの手で修正を加えると音が変わる。それはまるで奇跡の様でもあった。
だがその奇跡は弛みない努力の上に積み上げられた奇跡である。

「わかったか!」
「はいっ!」

その奇跡を目の当たりにした若い整備士はそれ少しでも盗もうと必死に基礎を積み重ねる。
礼儀がなっていなければそもそも教えてもらえない、基礎を疎かにすれば積み上げることもままならない。
故にタカギの育ててきた整備士達は基礎を違えず、その上にアレンジを行うことができる名整備士となるのである。

/*/

FARE’s レポート

戦線を支える陰の立役者、整備士。
使い捨てされることすらある機械を生かし留めるのも、戦場で明暗を分ける機動を支えるのも彼らの仕事だ。
それらを育て、纏め上げるのが整備の神様と呼ばれる者達である。
彼らの影響は様々な面で見られる。あなたの使っている機械も彼らの育てた整備士が管理しているかもしれない。

L:整備の神様のチューニング = {
 t:名称 = 整備の神様のチューニング(定義)
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *整備の神様のチューニングの定義カテゴリ = ,,,チューニング。
  *整備の神様のチューニングの能力補正 = ,,,任意の能力、評価+1。
  *整備の神様のチューニングの対象制限 = ,,,乗り物にしか使用することができない。
  *整備の神様のチューニングの効果時間 = ,,,戦闘が終わるまでの間。
 }

L:整備の神様の整備 = {
 t:名称 = 整備の神様の整備(定義)
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *整備の神様の整備の定義カテゴリ = ,,,チューニング。
  *整備の神様の整備の能力補正 = ,,条件発動,(整備されてから最初の)幸運、評価+3。
  *整備の神様の整備の効果時間 = ,,,そのターンの間。
  *整備の神様の整備の使用回数 = ,,,使用回数(1回)。
 }