妖精の父親

 ~ M*定時に家に帰って娘におやすみなさいを言う 難易度:不可能 ~

整備士たちの長い一日

昔、子供達から妖精がいると聞いて 

旅をした事がある。

 

苦労して探してみたら、 

そいつはその子の父親だった。 

ただの人間だ。

 

ただ見えない所で、子供達のために 

働いていただけだった。

 

実際のところ妖精などというものは、 

この世にはいないのだろう。

 

だが、妖精はいるのだ。

 

妖精を信じる者がいる限り。 

妖精を信じさせるだけの 

寛容がある者がいる限り。

 

~絢爛舞踏祭 知恵者のセリフより~

(ジェントルラット藩国:妖精の父親より再利用)
(ジェントルラット藩国:妖精の父親より再利用)

 うす暗いハンガーで寝袋に包まった男が寝返りをうった。

 

 旧ジェントルラット藩国、整備工場。ここは整備士達の戦場だ。

銀のスプーンじゃなくて銀のスパナ握って生まれてきた、などと揶揄される男たちの居場所である。

 

三度のメシよりI=Dが好き、整備が好き。という連中も人の子。

大恋愛の末、美人のバトルメードを射止めたとか、いつものお弁当屋さんの娘にハートも胃袋もがっちりキャッチされた、とか。浮いた話は数々ある。

 根っから機械だけが恋人、というわけでもないらしい。一応、激務に飛ばされる前は、リア充として活躍していたものも多い。そして子供が生まれ、子供たちのために、身を粉にして働く立派なお父さんになった。

 

今、ハンガーで寝ている男も、その一人である。

昨日も夜中まで新型エンジンの整備に試行錯誤していた。ようやく問題の場所を特定し、

しばしの休息をとろうかというところである。

 

彼には大事な一人娘がいる。

娘の誕生日までもう少し、少なくとも誕生日には帰ってクマのぬいぐるみを贈りたい。

そのためにはこの機体たちの整備を終えなくてはならなかった。

要領書をまとめ、技術連絡書を書き、これからこの後機体を整備する連中のために

記録も残さなくてはならない。確立された技術とはいえ、すこしコツがいるのだ。

コツはもうまとめた、あとはこの後何台もあるエンジンを整備するだけ、である。

 

早く終えなければ、何より、自分の娘のためにも一日も早く仕事を終えなければ-

目を閉じて眠ろうとしても、思うのは娘のことばかりである。

 

整備というのはキツい仕事だ。油まみれになり重い鉄板を持ち、

煤で汚れる。決してきれいな仕事ではない。

だが、それでも彼はこの仕事に誇りを持っていた。

武器が扱えるわけでもなく、とくに優れた身体能力がない人間でも

誰かを守れる仕事だからだ。

 

そして彼の記憶にはもっと古いいい思い出があった。

子供のころ~彼が子供のころからジェントルラットは整備大国であった~

母親が読み聞かせてくれたジェントルラットの伝説に「妖精の整備士」というのがある。

ある整備工場に毎夜現れて勝手に機体を整備する妖精がいるというのだ。

子供のころ絵本で見たことがある。童話の世界の話だが・・・

子供のころ信じていた妖精の整備士たちが自分をみたらどう思うだろうか。

 

働き者の彼らは人が眠っているときに働き、人間のためにがんばって仕事をしてくれていた。

満足な道具もなく、人間用の整備用具を重たそうに抱えて働く彼らを見た整備工場の老夫婦は

彼ら用の整備用具を送ったという。

彼らは大変喜んで、国中の整備工場にその道具を持って現れ、整備工場の宣伝をしたという。

老夫婦の技術は高く買われ、その後幸せに暮らした、とある。

 

つらつらと昔を思い出していると、睡魔が襲ってきた。

男はうとうとと眠りにつく・・・。

ジェントルラット妖精の父親より再利用
ジェントルラット妖精の父親より再利用

ゆっくりを眠りにつく彼のまわりに、伝説の妖精の整備士が見えたような気がした。

L:データ

L:妖精の父親 = {
 t:名称 = 妖精の父親(職業)
 t:要点 = 機体,寝袋,寝てる,妖精
 t:周辺環境 = 整備場
 t:評価 = 体格1,筋力1,耐久力2,外見4,敏捷0,器用5,感覚1,知識5,幸運2
 t:特殊 = {
  *妖精の父親の職業カテゴリ = ,,,派生職業アイドレス。
  *妖精の父親の位置づけ = ,,,整備系。
  *妖精の父親の性別制限 = ,,,着用制限(性別:男性)。
  *妖精の父親の根源力制限 = ,,,着用制限(根源力:300001以上)。
  *妖精の父親の整備行為補正 = 整備行為,歩兵,任意発動,整備、評価+5、燃料-1万t。#整備評価:可能:((器用+知識)÷2)
  *妖精の父親のチューニング行為 = チューニング行為,歩兵,条件発動,なし。(戦闘準備フェイズに使用することで)任意の一機の乗り物に<妖精の父親のチューニング>を付与する。
  *妖精の父親の妖精専用チューニング行為 = チューニング行為,歩兵,条件発動,なし。(戦闘準備フェイズに使用することで)テンダイスで妖精と呼称される人物が乗る機体に<妖精の父親のチューニング>を付与する。同能力重複適用不可。
 }
 t:→次のアイドレス = 小島空?(ACE),知恵者(ACE),ブラック(黒)?(ACE),ハードボイルドペンギン(ACE)