アイドレス工場

タカサゴ区、海浜地区。

ここにはたくさんの工場が立ち並んでいる。

その一角に、アイドレス工場はあった。

L:アイドレス工場 = {
 t:名称 = アイドレス工場(施設)
 t:要点 = 工場,乗っているライン,工場で働く国民
 t:周辺環境 = 工業地帯,工業に向いた地形
 t:評価 = 住みやすさ0
 t:特殊 = {
  *アイドレス工場の施設カテゴリ = ,,,国家施設。
  *アイドレス工場の位置づけ = ,,,{建築物,工場}。
  *アイドレス工場の面積 = ,,,1000m2。
  *アイドレス工場の乗り物生産 = ,,任意発動,(生産フェイズごとに){I=D,ウォードレス,人型戦車,戦車,航空機,RB,位置づけ(独自兵器)のアイドレス}を任意の組み合わせで25人機分生産可能、資源-5万t。
  *アイドレス工場の整備補正 = ,,条件発動,(<アイドレス工場の乗り物生産>を使用しない場合、そのターンの整備フェイズでの)整備、評価+8。
 }
 t:→次のアイドレス = I=Dの改良(イベント),大型I=Dの開発(イベント),整備工場(施設),造船所(施設)#原素子(ACE)&BALLSは差し替えになっていますが、ここから派生していることに変更はありません。

#土場藩国アイドレス工場より再利用
#土場藩国アイドレス工場より再利用

かつて戦場の主役はI=Dであった。
 しかし、近年は整備性の複雑化と歩兵戦力の重要性が増した結果、

I=Dの運用は藩国レベルから複数国家が関わる集団組織レベルへと移行した。
 これにより藩国のアイドレス【工場】も生産をI=DからWDなどの歩兵装備へと

移行せざるを得なく、状況によっては生産を停止して、既に配備されたものの

整備のために施設を使用する事も増えてきており、生産を至上命題とする者たちの中には、

【乗っているライン】を見ながらため息をつく姿を見られることもある。

 土場藩国の【工業地帯】は、国内でも特に【工業に向いた地形】を選定されて設けられ、

その工業地帯の中にアイドレス工場は存在する。
 整備士国家として名を上げたジェントルラット藩国との合併により、

そのアイドレス【工場で働く国民】の中には元ジェントルラット国民の姿も見るようになったが、

これは研修名目で自治区から派遣されたものであり、細々とではあるがI=D開発国として技術を養ってきた土場国民の中でも工業部門に属する者との交流を目指した結果である。
 同じ工業に属する者同士であれば共通点や話題も多く潤滑な関係を築くであろうと言う事を期待したのである。
 技術交流も兼ねたこの研修制度はアイドレス工場の生産性を高める事も期待されており、将来的にはそれによる開発能力の向上も兼ねているのである。

<ひとくちメモ>

 

近年フジオカとの提携により、アイドレス工場+フジオカ、さらに造船所も巻き込んだ

巨大な製造業の工場地帯が、タカサゴ区に形成されつつある。

地方へ納める税金も非常に多いため、この地区はこのほど製造業への

減税を選択した。

 

この地区の製造業への税金は他の地区に比べてわずかだが税率が

下がることとなったのである。

つまりは「製造業の工場を集め住宅地では騒音対策でできないようなことを

やらせる」または「企業同士の物資の輸送コストを最小限に抑える」

 

この民間レベルの試みを行政が後押しすることになったのである。

国民を見る目、努力する企業を常に後押しする。

土場の政治の方針が明確に打ち出されたエピソードである。

SS:交流風景

 スミス:「やぁ!ジョン。なんでも土場ではI=Dを独自開発してるんだって?」
 ジョン:「ああ、整備性最悪で何がしたいんだかわからない微妙なヤツばかりだけどな!」
 スミス:「PPGにも機体を寄贈してるそうじゃないか」
 ジョン:「国内で扱いきれない機体ばかり開発するからさ」

扱いきれないI=Dの図

#土場藩国パイロットより再利用
#土場藩国パイロットより再利用

 スミス:「だけど、惑星破壊藩国の外壁をブチ破れたのは土場の機体だけだったんだろ?」
 ジョン:「ははは。他に使い道が無い武器がたまたま役に立っただけだよ」
 スミス:「自分の国の開発機体なのに偉い言い様だなぁ」
 ジョン:「まー、身内以外が口にしたら袋叩きにするけどな」
 スミス:「・・・・・・」
 ジョン:「お前も加われよ?」
 スミス:「・・・おう!」