ハイガード

L:ハイガード = {

 t:名称 = ハイガード(職業)

 t:要点 = 敬礼,カトラス,軍服

 t:周辺環境= 宇宙

 t:評価 = 体格3,筋力2,耐久力3,外見2,敏捷3,器用4,感覚4,知識4,幸運2

 t:特殊 = {

  *ハイガードの職業カテゴリ = ,,,派生職業アイドレス。

  *ハイガードの位置づけ = ,,,{パイロット系,コパイロット系}。

  *ハイガードのパイロット資格 = ,,,搭乗可能({宇宙機,宇宙艦船})。

  *ハイガードのコパイロット資格 = ,,,搭乗可能({宇宙機,宇宙艦船})。

  *ハイガードのナショナルネット接続能力 = ,,任意発動,ナショナルネットに接続することができる。

  *ハイガードの局地活動能力 = ,,,宇宙。

  *ハイガードの宇宙戦闘補正 = ,,任意発動,(宇宙戦闘での)全判定、評価+4、燃料-1万t。

 }

 t:→次のアイドレス = 揚陸艦?(アイテム),護衛(職業),軌道降下兵(職業),警備兵(職業)

Aフェザー再利用(土場藩国)
Aフェザー再利用(土場藩国)

上図は、ハイガード記念式典の様子。

 

先日、コウベ港付近の軍演習地にて、ハイガード着用者による、記念式典が行われた。

土場の独自I=Dであるエンジェリックフェザーワルツを操縦し、

超硬度大太刀(いわゆるI=D用カトラス)をつかった模擬演舞から開始し、

通常の人間と変わらない敬礼までこなす操縦技術に、見物客から

割れんばかりの拍手が巻き起こったと言う。

 

次のターンは宇宙での戦いになるということで、宇宙用のI=Dの性能試験と

お披露目を行ったのだ。

整備クルー;ミス整備士@土場
整備クルー;ミス整備士@土場

お披露目のあと、整備を担当したクルーに

話を聞いてみた。

 

Q:素顔のハイガードさんはどんな人たちですか?

 

明るくて、いい人たちです。

制服のままのみにいって怒られたりとか(笑)

それに、気さくな人が多いですよ。

ホープさんの中から選ばれたとはいえ、

そういうことを表に出す人はいませんね。

やっぱり国を守るんだ、っていう

意識のほうが強いみたいです。

 

Q:今日の感想は?

 

もうびっくり、整備の側面からいって

あの動きは、ほぼ不可能なんですよ。

この日のためにどれだけ調整と練習をしたのか

その手間を考えると愕然としました。

さすがハイガードさん、ってカンジです。

もう・・・すごいとしか。

 

Q:今後活躍できると思いますか?

 

もちろん。宇宙へ出ることさえできれば。

現状はPPGに出向して、戦う形になると思いますが、

それでも土場のパイロットの底力を

見せられると思います。

 

Q:ありがとうございました、最後にひとこと

 

土場藩国の新しいパイロットの活躍にご期待ください!

ハイガード レポート

 ハイガードには二つの意味がある。一つは宇宙海軍を指すもの。

 土場藩国においては旧ジェントル時代と違い大幅に財政的余裕を持つことができるようになった。

 しかし、そのノウハウを生かすこと及びそもそも宇宙への進出路を持たないことから

沿岸警備隊的な側面を残したままで組み込まれることになった。

 

 宇宙軍には空軍の拡張として作られるものと海軍の系統に連なって作られているものがある。

土場藩国に継承されたハイガードは旧ジェントルラット時代から綿々として受け継がれる

海軍系統であるといえる。

 

 ちなみに、彼らは宇宙を指して“海”と呼ぶものがいる。なぜそう呼ぶのかは諸説あるが、

有力な説は最初期に宇宙に出た人々が使っていた呼称を、先人に敬意を表して使用している

というものである。

 実際、宇宙を海と呼ぶだけでなく彼らの敬礼にはじまる諸々の作法や、

一般装備品までがいわゆる海軍式である。

 

 もう一つの意味はハイ・ガード(高貴な方のための護り)というものである。

 これは身分の高い方々を護る防衛的役割を担う人々のことを指す。

 この伝統も土場藩国に受け継がれているのであった。

#参謀試験課題より再利用(土場藩国)
#参謀試験課題より再利用(土場藩国)